映画「ウルボ〜泣き虫ボクシング部〜」上映会/東京中高、650人で鑑賞会


ひたむきな青春群像描く

1月30日、東京中高体育館で、朝高ボクシング部をテーマにしたドキュメンタリー映画「ウルボ〜泣き虫ボクシング部〜」の映画鑑賞会が行われた。(主催=同校オモニ会)

今回の映画は、北海道朝高を扱った映画「ウリハッキョ」や一昨年の大阪朝高ラグビー部を主人公にした映画「60万回のトライ」など南朝鮮の監督が、朝鮮学校を扱ったドキュメンタリー映画としては3本目となる。会場には、生徒や教員、保護者、そして「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会(無償化連絡会)の日本市民など、約650人が集まった。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ