Facebook

SNSで共有

力道山死去50周年、娘が追憶する「民族のサナイ(男)」

「父の墓参りがしたい」

東京・大田区の池上本門寺にある力道山の墓

東京・大田区の池上本門寺にある力道山のブロンズ像

【平壌発=金志永】12月15日は力道山(本名―金信洛)が死去して50周年となる日だ。

1950年代、日本プロレス界の礎石を築き、米国人選手らを見事に倒し「戦後最大のヒーロー」と称された力道山は、朝鮮民主主義人民共和国でも民族の勇猛をとどろかせた人物として人々の尊敬を受けている。

逝去50周年を迎えて力道山に対する関心が再び高まる中、娘のキム・ヨンスクさん(70、平壌在住)は、異国の地に眠る父を感慨深く追憶している。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)