Facebook

SNSで共有

社協、社会科学院と学術集会/平壌で変わらぬ絆を確認

【平壌発=金志永記者】朝鮮の社会科学院と在日本朝鮮社会科学者協会(社協)代表たちによる学術集会が5日、平壌の人民文化宮殿で行われた。8日には歴史、言語学、経済など分科別集会が行われた。

社会科学院と社協は2005年に平壌で共同でシンポジウムを開催したことがある。社協は学術交流センターとしての役割を強化していくことで、社会科学院の学者や研究者たちとの交流を重視してきた。05年に初めて行われた討論会は、そのための枠を準備する会合となった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)