Facebook

SNSで共有

〈ウリ民族の姓氏-その由来と現在 64〉高麗初期に門閥形成の玄氏/種類と由来(51)

玄氏一族は千有余年の歴史を持つ。

史書によると、新羅末の景明王2(918)年、玄昇という貴族が見え、高麗建国時には、玄律という兵部朗中(正5品)がいたとある。

したがって玄氏は、一族が繁栄して稀姓の最上位に位し、106の本貫を持つに至っている。

主な本貫と始祖は、昌原・玄徳祐、延州・玄孝哲、星州・玄珪で、昌原玄氏からは玄孝生を始祖とする一族が生まれた。始祖はみな高麗の文・武官と伝えられる。

この時代、玄呂は蒙古軍を痛撃した勇将として、玄徳秀(延州)は義理に徹した将軍として広く知られた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)