Facebook

SNSで共有

〈ウリ民族の姓氏-その由来と現在 60〉新井白石と酒酌み交わした嚴漢重/種類と由来(47)

池氏は稀姓の上位にあって、81の本貫を持つ。

代表的な本貫は忠州で、始祖は池宗海と伝えられ、ここから、丹陽・広州・開城・驪州・坡州・楊州・水原を本貫とする池氏が生まれたという。

記録に初めて登場する池氏は、後百済王・甄萱(キョンフォン)の娘婿で、武州の城主となった池萱である。

つづく高麗時代、歴史に名を残した池氏は多いが、その筆頭はやはり池勇奇(忠州)であろう。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)