新大統領・尹錫悦が標榜する対米従属路線 / 「紛争の黒幕」を妄信する危険性


「新冷戦」と南の新政権(上)

米国の一方的な覇権主義政策に起因する新冷戦構図の深化とウクライナ紛争の勃発により、国際的な安保環境が揺れ動く中、南朝鮮で新政権が発足した。平和を望む内外世論に耳を傾けることなく、対米従属・反北対決路線の強行を標榜する尹錫悦政権は、東北アジアの火薬庫といわれる朝鮮半島の情勢不安を極度に高める要因になり得る。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ