映画「主戦場」公開は「適法」/ミキ・デザキ監督が勝訴


日本軍性奴隷制問題を扱った映画「主戦場」をめぐって、出演者のケント・ギルバート氏ら5人が、ミキ・デザキ監督と配給会社「東風」を相手取り、映画の上映差し止めと計1,300万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁(柴田義明裁判長)は1月27日、公開は「適法」として、請求を棄却した。

東京地裁は1月27日、映画「主戦場」の公開を適法と判断した。(写真はミキ・デザキ監督SNSより)

2019年4月に公開された映画は、日本軍性奴隷制被害者やその支援団体、学者のほか、日本による国家戦時暴力が存在したことを否定する政治家、著名人など、意見を対立させる人たちへのインタビューをまとめた作品。公開後、SNSなどで大きな反響を呼び、日本各地60以上の映画館で上映されるなか、出演者のケント・ギルバート氏(タレント)、藤岡信勝氏(「新しい歴史教科書をつくる会」会長)、山本優美子氏(「なでしこアクション」代表)、トニー・マラーノ氏、藤木俊一氏の5人が、「商業映画になるとは思っていなかった」などの理由で、同年6月に監督と配給会社を提訴していた。

柴田裁判長は判決で、原告側が「商用として公開される可能性があることは認識していた」と指摘。また原告側が「歴史修正主義者」という呼称が著作者人格権の侵害にあたると主張した点についても、「映画の表現は原告らの社会的評価を低下させるものとは認められない」と退けた。

判決後、双方の会見が都内で行われた。

(韓賢珠)