“問題解決まで声あげる”/水曜デモ、30年目の誓い


日本軍性奴隷制問題の解決を求めて南朝鮮で1992年から続く水曜デモが30年を迎えた。5日、ソウル・鐘路区の旧日本大使館近くで行われた30年を記念する1525回目の水曜デモでは、日本政府が被害者に対し誠意ある謝罪をするまで粘り強くたたかい続けることをアピールした。

水曜デモ30年記念集会の様子(いずれも聯合ニュース)

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ