〈インターハイ・ボクシング〉2ラウンドRSC勝ちで2回戦進出/大阪朝高・梁章太選手


宮崎で行われている「全国高等学校総合体育大会」(インターハイ)ボクシング競技(7月29日~8月3日、宮崎市総合体育館)のウェルター級に大阪朝高3年の梁章太選手が出場している。30日の1回戦では危なげない試合運びで2ラウンドRSC勝ちを収めた。会場では、在日本朝鮮人ボクシング協会の李容吉理事長、大阪朝高の関係者、鹿児島の朝青員や宮崎に住む同胞児童らが声援を送っていた。

2Rから相手を圧倒した大阪朝高の梁章太選手(右)

高級部1年で朝高ボクシング史上初めて全国大会出場(インターハイ)を果たした梁選手は、昨年8月のインターハイでベスト8の成績を残し、同月に行われた第8回台北市カップ国際ボクシングトーナメント(台湾)に朝鮮代表として出場。今年3月の選抜大会では3位に輝くなど着実に成長を遂げてきた(階級はいずれもライトウェルター級)。

そんな彼にとって、2カ月前の祖国訪問時に参加した朝鮮代表との合同練習は大きな転機となった。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ