Facebook

SNSで共有

ホーム » Posts tagged with » Strangers In Pyongyang

Stranger(ストレンジャー)、十条に降り立つ/北岡裕

Stranger(ストレンジャー)、十条に降り立つ/北岡裕

テゲテゲ(대개대개)の海に溺れて 自宅が板橋なので何度か十条の東京中高のイベントには来たことがある。けれど日本人も参加可能なイベントはどこか薄味。少しよそ行きの雰囲気で、私が大好きな朝鮮民族特有の“テ [...]…

〈Strangers In Pyongyang 24〉旅のおわりとはじまり(2)/北岡裕

〈Strangers In Pyongyang 24〉旅のおわりとはじまり(2)/北岡裕

外国人の、その先へ この連載も今回が最終回。初めは12回の予定だった。少し足りないなと思っていたら18回になり、ちょうどいいなと思ったら24回になった。外国人である私が在日の方の祖国である朝鮮について [...]…

〈Strangers In Pyongyang 23〉旅のおわりとはじまり(1)/北岡裕

〈Strangers In Pyongyang 23〉旅のおわりとはじまり(1)/北岡裕

旅がまたはじまる バー銀河水のママは頬杖をつきテレビニュースを見ている。若い女性接待員はふきんでグラスを磨いている。エアコンがぶるんと震え停止した。ちょうどCDも終わった。私はすっかりぬるくなったコー [...]…

〈Strangers In Pyongyang 22〉主体思想塔の黒い影/北岡裕

〈Strangers In Pyongyang 22〉主体思想塔の黒い影/北岡裕

壌の商売 流行りと廃り 唐突だが、みなさんは、2月の主体思想塔の展望台の寒さを知っているだろうか。吹きさらしの展望台、気温は零下10数度。吹きすさぶ強風。エレベーターを降りた次の瞬間どんなイケメンでも [...]…

〈Strangers In Pyongyang 21〉ビール好きのカメラマン・オさん/北岡裕

〈Strangers In Pyongyang 21〉ビール好きのカメラマン・オさん/北岡裕

ありゃあ、いい奥さんだなぁ 朝鮮滞在中はカメラマンが同行する。彼らは日本語が出来ず、マイクが音を拾わないように常に無口。表情も硬く大きなビデオカメラを担ぐ姿は正直少し怖かった。…

〈Strangers In Pyongyang 20〉ポケットに家族写真を/北岡裕

〈Strangers In Pyongyang 20〉ポケットに家族写真を/北岡裕

東アジア共通の勘所、とは? 昨年の夏休みに台湾を旅した。大学時代の先輩と久しぶりに再会したのだが、先輩のご主人の財布が気になった。財布の内側には夫婦ふたりの写真がぺたっと貼ってあったのだ。家の中も夫婦 [...]…

〈Strangers In Pyongyang 19〉爆裂!平壌ボウル1号/北岡裕

〈Strangers In Pyongyang 19〉爆裂!平壌ボウル1号/北岡裕

平壌の兄貴直伝の魔球 2004年冬。平壌のボウリング場で魔球「平壌ボウル1号」は生まれた。満員の場内、私たち日本人のツアー一行10数人にあてがわれたのは2レーン。投げる順番はなかなか回って来ず場内は寒 [...]…

〈Strangers In Pyongyang 18〉普通江ホテルの接客員たち(2)/北岡裕

〈Strangers In Pyongyang 18〉普通江ホテルの接客員たち(2)/北岡裕

朝から夜まで集団行動が基本の朝鮮ツアー。加えて昨年は相部屋だった。同行者や相部屋の方に何も不満は無かったが、一日を終えるとやっぱりひとりの時間が恋しくなる。滞在中私が入り浸っていたのが、バー「銀河水」 [...]…

〈Strangers In Pyongyang 17〉普通江ホテルの接客員たち(1)/北岡裕

〈Strangers In Pyongyang 17〉普通江ホテルの接客員たち(1)/北岡裕

天然ちゃんには気をつけろ! 私たち日本人は朝鮮の内貨を使えない。これまでは買い物のたびにいちいち円やドル、中国元と朝鮮ウォンのレートを計算していたのが、電子マネーカード「ナレ」を使えば一発解決。円でも [...]…

〈Strangers In Pyongyang 16〉旅に出たくなる、秋の夜/北岡裕

〈Strangers In Pyongyang 16〉旅に出たくなる、秋の夜/北岡裕

朝鮮半島は大陸の一部なのです 昼休みあとの、その朝鮮語の授業はいつも眠気と共にあった。何人もの学生の頭が揺れていたが人の好い講師は決して怒らず、完全に机に頭を突っ伏して眠る学生は静かに飛ばして授業を続 [...]…

p. 1 / 3123