Facebook

SNSで共有

ホーム » Posts tagged with » 朝鮮と日本の詩人

〈朝鮮と日本の詩人 114〉村椿四郎

コーリヤから来た女 北風の強い晩 コーリヤから来た マリコにあった 大統領選挙のある コーリヤは熱い冬で オリンピックの年で コーリヤは燃えていた ぼくは 一九四五年以前の朝鮮を 知らないから 三代は [...]…

〈朝鮮と日本の詩人 113〉大庭みな子

米軍の侵略的本質の投影 ビイ玉の蒼い目の兵隊さん、 「長イ真珠ノ首飾リヲ下サイ。ワタシノ オカアサンニ贈ルンデス」 売子 「手相を見せてください」 「ドウデショウカ。ワタシノ運ハ?」 「いくつですか」 [...]…

〈朝鮮と日本の詩人 112〉鈴木比佐雄

子城台の春 赤松・黒松が青の天上をつらぬき 樹上をカササギが舞っていた 上陸して半日 この城も釜山も攻め滅ぼされました と語った女性ガイドの李さんは 悲しく笑った  …

〈朝鮮と日本の詩人 111〉荒川洋治

朝鮮軽視の風潮を批判 かつての朝鮮史・朝鮮語講師の寿命はみじかい 二〇代でびょうきを知り 三〇代で理由もなく 紫檀を売る人もいた どこかの会社の常夜灯からも遠い たとえば奉職先の富山大学朝鮮語朝鮮文学 [...]…

〈朝鮮と日本の詩人 110〉吉野弘

朝鮮語へのあふれる愛 韓国語で 馬のことをマル(말)という。 言葉のことをマール(말)という。 言葉は、駆ける馬だった 熱い思いを伝えるための-。  …

〈朝鮮と日本の詩人 109〉高良留美子

「高句麗のやり方で」 腰まで水につかって 女たちが布をさらしている 野生の苧麻の皮をはぎ 何日もかかって織り上げた 手づくりの綾絹を   女たちの脚のあいだを 水が流れる 真白な布をなびかせ [...]…

〈朝鮮と日本の詩人 108〉秋野さち子

楊柳のように揺れた手 その朝 おかっぱのわたしは 三ッ編のおさげの子と門の所で遊んでいた 向うから 先頭の両側に 白地に巴を描いた旗を持ち 冠をつけた白周衣の人達が列をつくり 歩調を整えて進んで来る [...]…

〈朝鮮と日本の詩人 107〉沢村光博

ジュリアおたあさま 人の名前は 突然 失われることがあるものだから新しい名前を生きていこうとすることも   名前を失った 朝鮮難民の 頬の汚れた一人の幼女― 一五九八年 文禄の役に出陣したア [...]…

〈朝鮮と日本の詩人 106〉金井新作

「ある国境守備兵の話」 -この不逞鮮人共を、あの立木に、縛りつけろ。目隠しだ(中略)俺達、選び出された、十人の射撃の名手 俺達の心は、この無残な銃殺を拒否した   寝射ち! 一斉射撃! &n [...]…

〈朝鮮と日本の詩人 105〉草鹿外吉

「君を救えぼくらよ」 ソウルの詩人よ きみへの死刑宣告は 世界の詩人へのそれ きみの首にしのびよる絞め縄は 民主主義へのそれである きみのひたいにこらされた銃口は 起爆のときを待つ ぼくらにこらされた [...]…