Facebook

SNSで共有

ホーム » Posts tagged with » 民族教育と歌

【読者の声】民族教育守り抜こう

6月19日に掲載された金理花さんの連載「民族教育と歌―抵抗の歌声とともに」を読んで、民族教育の過去と未来について深く考えさせられた。 金日成主席の「山より高く海より深い」慈愛と、温かい配慮、在日同胞の [...]…

〈民族教育と歌〉連載を終えて/金理花

音楽を通じた民族教育。これを誰よりも早く、そして精力的におこなった在日朝鮮人は間違いなく張飛氏であった。氏は「解放」直後から朝連の音楽活動を牽引し、朝聯強制解散後の時代も、アコーディオンを背負って全国 [...]…

〈民族教育と歌 12〉抵抗の歌声と共に(最終回)

〈民族教育と歌 12〉抵抗の歌声と共に(最終回)

「1949年11月5日、朝の10時を迎える頃です。林先生が各教室を周り、ウリハッキョに閉鎖令が来たとおっしゃいました。(中略)4年生の教室からは人民抗争歌をうたう声が聞こえます。6年生たちは緊急会議を [...]…

〈民族教育と歌 11〉「問題視」される音楽/金理花

〈民族教育と歌 11〉「問題視」される音楽/金理花

朝鮮から国立平壌万寿台芸術団が初来日し全国公演をおこなったのは1973年。当時、公演には在日同胞はもちろん多くの日本市民も観覧に訪れ、朝鮮の芸術の流行も巻き起こった。音楽が日朝友好の一端を担う、その言 [...]…

〈民族教育と歌 10〉音楽で育む「民族」の感性―音楽教科書と「民謡」/金理花

〈民族教育と歌 10〉音楽で育む「民族」の感性―音楽教科書と「民謡」/金理花

満開の桜の下、もうもうと立ち上がる七輪の煙を囲んでの踊りの輪(チュムパン)。身をゆだねる音楽は《밀양아리랑(密陽アリラン)》や《도라지(トラジ)》だろうか。同胞が集う種々の宴ではあまりに見慣れたお馴染 [...]…

〈民族教育と歌 9〉校歌の創作という教育実践―埼玉朝鮮初中級学校校歌/金理花

〈民族教育と歌 9〉校歌の創作という教育実践―埼玉朝鮮初中級学校校歌/金理花

  卒業式のクライマックス、新しい門出を迎えた卒業生たちが笑顔と涙を顔にうかべながら青春を過ごした学び舎の校歌を合唱する。そんな姿を見守る家族や地域の同胞たち。朝鮮学校の校歌はさまざまな時期 [...]…

〈民族教育と歌 8〉音楽教育のさらなる向上へ―総聯音楽通信教育/金理花

〈民族教育と歌 8〉音楽教育のさらなる向上へ―総聯音楽通信教育/金理花

今年で第49回目を迎えた在日朝鮮学生中央芸術コンクール。高い技術と芸術性を誇る本大会は演目を披露する学生たちはもちろん、その成長を支える教員の的確な指導なしには決して成り立たない。だが、音楽教育の経て [...]…

〈民族教育と歌 7〉大音楽舞踊叙事詩―세상에 부럼없어라(この世に羨むものはない)/金理花

〈民族教育と歌 7〉大音楽舞踊叙事詩―세상에 부럼없어라(この世に羨むものはない)/金理花

異郷の地で鳴り響く朝鮮語の歌声。それだけでも奇跡に近い営みが民族教育では続けられてきたわけであるが、それらが圧巻のスケールで披露された公演がある。総出演人数3000人にも及ぶ大規模公演である大音楽舞踊 [...]…

〈民族教育と歌 6〉朝・日歌唱交流をもたらした―꽃파는 처녀(花売る乙女)/金理花

〈民族教育と歌 6〉朝・日歌唱交流をもたらした―꽃파는 처녀(花売る乙女)/金理花

日本社会で熱狂の渦を巻き起こした朝鮮の音楽芸術の代表格といえば、やはり革命歌劇「花売る乙女(꽃파는 처녀)」をおいて他にないのではないだろうか。この作品は、5大革命歌劇としても採用され長年上演されてき [...]…

〈民族教育と歌 5〉世代を超えた小さな名曲―비야비야 오너라(ピヤピヤオノラ)/金理花

〈民族教育と歌 5〉世代を超えた小さな名曲―비야비야 오너라(ピヤピヤオノラ)/金理花

総聯結成後に音楽教科書がはじめて編纂されてから約60年間、朝鮮学校に通った子どもたちが必ず口にしたと言ってもいい歌がある。「ピヤピヤオノラ」は、当時から現在まで発行された教科書に欠かさず掲載されてきた [...]…

p. 1 / 212