Facebook

SNSで共有

ホーム » Posts tagged with » 平昌オリンピック

朝鮮新報記者が講演「平昌五輪の北南交流を取材して」

朝鮮新報記者が講演「平昌五輪の北南交流を取材して」

“『一つ』生きた実感、和解・協力の礎に” 朝鮮新報・金淑美記者の講演会「平昌五輪の北南交流を取材して」が、朝鮮文化研究会(平田賢一代表)の主催で、4月6日、都内で行われた。朝・日の市民、学生ら、45人 [...]…

安倍官邸の広報になった平昌五輪報道/浅野健一

安倍官邸の広報になった平昌五輪報道/浅野健一

平和・統一への願いを冷笑し戦争を煽る大罪 朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮)の参加で盛り上がった平昌五輪は2月25日に閉幕した。女子アイスホッケーで北南合同チームが結成され、開会式で合同行進が実現した。朝 [...]…

〈平昌五輪〉“私たちは平昌で一つになった”/平昌五輪閉会、17日間の熱戦に幕

〈平昌五輪〉“私たちは平昌で一つになった”/平昌五輪閉会、17日間の熱戦に幕

和解と平和の新たな道筋示す 【平昌発=文・金淑美、写真・盧琴順】第23回冬季オリンピックが閉会した。2月25日、閉会式が行われた江原道の平昌オリンピック競技場には、開会式に続き、統一の願いの象徴である [...]…

〈平昌五輪〉北南同胞と共に描いた「統一」/総聯同胞応援団の感想

〈平昌五輪〉北南同胞と共に描いた「統一」/総聯同胞応援団の感想

2月9日から25日にかけて開催された平昌冬季オリンピックでは、開会式の北南選手の合同入場や女子アイスホッケー単一チームの結成など、北南の和解と団結を示す感動のシーンが広がった。 一方、在日同胞たちも第 [...]…

〈平昌五輪〉北側応援団、江原道・原州で最終公演

〈平昌五輪〉北側応援団、江原道・原州で最終公演

“一つの民族、同法であることを実感” 【原州発=文・金淑美、写真・盧琴順】2月24日、北側応援団が江原道・原州市で最後の公演を行った。前日に公演の告知がされたにも関わらず、公演会場である原州総合体育館 [...]…

〈平昌五輪〉“一つの家族、本当のワンコリア”/女子アイスホッケー単一チーム、最終戦

〈平昌五輪〉“一つの家族、本当のワンコリア”/女子アイスホッケー単一チーム、最終戦

【江陵発=文・金淑美、写真・盧琴順】オリンピック史上初の女子アイスホッケー北南単一チームが、最終試合を行った。 20日、江陵・関東ホッケーセンターで行われたアイスホッケー順位決定2回戦(7~8位)で単 [...]…

〈平昌五輪〉ソウルでも「民族和解ハンマダン」開催/第2次総聯同胞応援団が参加

〈平昌五輪〉ソウルでも「民族和解ハンマダン」開催/第2次総聯同胞応援団が参加

300人の同胞、「コリア」に声援 平昌冬季オリンピック期間、南では「6.15共同宣言実践南側委員会」を中心とした南北合同応援団が発足。平昌オリンピックを、平和のオリンピック、統一オリンピックにし、朝鮮 [...]…

〈平昌五輪〉総聯同胞応援団(第1次)の精力的な活動

〈平昌五輪〉総聯同胞応援団(第1次)の精力的な活動

統一への熱意を伝える 「在日同胞の統一への熱意を伝えよう」と、平昌オリンピック総聯同胞応援団(第1次、8~12日)が現地で応援活動を繰り広げた。4泊5日の日程は「観光」や「応援ツアー」とは一線を画すも [...]…

〈平昌五輪〉江原道知事主催で晩餐会/北側応援団が参加

〈平昌五輪〉江原道知事主催で晩餐会/北側応援団が参加

“自主統一への歩み、統一万歳の歓声へ” 【江陵発=文・金淑美、写真・盧琴順】17日、北側応援団のための晩餐会が、崔文洵・江原道知事の主催の下、江陵・セントジョンズ鏡浦ホテルで開かれた。 北側からは、オ [...]…

高まる統一の熱気/総聯滋賀・大津支部滋賀里分会、平昌五輪同号応援団報告会

高まる統一の熱気/総聯滋賀・大津支部滋賀里分会、平昌五輪同号応援団報告会

総聯滋賀・大津支部滋賀里分会は平昌五輪に総聯同胞応援団(第1次)として参加した尹永秀、金明順夫妻を招いた報告会を2月18日、総聯大津支部会館で行った。 2人は報告会で、参加の動機や目的、出発から開会式 [...]…

p. 1 / 512345