Facebook

SNSで共有

ホーム » Posts tagged with » 日朝友好 (Page 4)

サッカーで親善交流/日体大が4回目の訪朝

サッカーで親善交流/日体大が4回目の訪朝

“本気で取り組めば認め合える” 【平壌発=姜イルク】日本体育大学の松浪健四郎理事長、具志堅幸司学長をはじめとする関係者、男女サッカー部の学生ら43人で構成された日本体育大学代表団(団長=松浪健四郎理事 [...]…

虹の橋をかけて⑦日本朝鮮学術教育交流協会・千葉ハッキョの会 合同訪朝団の報告/田沼久男

朝鮮の人々の素顔を伝えたい 私は8年前に石油会社を定年退職した民間(退職者)労働組合員である。今回の訪朝は昨年の「千葉ハッキョの会」第2次訪朝団に参加した方から、是非にと勧められたことが契機になった。 [...]…

虹の橋をかけて⑥日本朝鮮学術教育交流協会・千葉ハッキョの会 合同訪朝団の報告/大野尚志

お土産没収に不快感 私は、今回で連続3度目の訪朝である。91年の初訪朝からは6度目となる。さすがに、3連続訪朝となると共和国が大変身近に感じられてくる。ちょうど夏休みに田舎に帰り、親戚の誰さんと会う、 [...]…

虹の橋をかけて⑤日本朝鮮学術教育交流協会・千葉ハッキョの会 合同訪朝団の報告/金有燮

「ここにこそ人間がいた」 今年の夏もウリハッキョを支援してくれる日本の人たちと共に3年連続、朝鮮を訪問した。 何と言ってもこの訪朝団の醍醐味は、団員一人ひとりの朝鮮観のドラマチックなまでの変化である。 [...]…

虹の橋をかけて④日本朝鮮学術教育交流協会・千葉ハッキョの会 合同訪朝団の報告/堀川久司

「子は宝」を具現化した朝鮮 一昨年に続き、今夏2度目の訪朝を果たした。南北・朝米2つの歴史的な首脳会談後ということもあり、感慨深いものがあった。例によって、周囲から「『北朝鮮』に行けるの? 帰って来れ [...]…

虹の橋をかけて③日本朝鮮学術教育交流協会・千葉ハッキョの会 合同訪朝団の報告/番場豊

ワクワクで満たされた旅 訪朝は、「金曜行動」の師、こども教育宝仙大学教授・佐野通夫さんの紹介がきっかけだった。朝鮮について、「最後の秘境」などと偏見と期待混じりに話していたが、それが、わたし自身の現状 [...]…

故・杉本文男さんの想い出・下/荒井宏行

故・杉本文男さんの想い出・下/荒井宏行

一番心を砕いたのは朝鮮学校 朝鮮問題を自分の問題と考える杉本さんが、一番心を砕いたのが朝鮮学校だった。1971年に松本市蟻ケ崎に、1993年に松本市島内に移転した朝鮮学校。朝鮮学校は、長野県や松本市な [...]…

「レールウェイ!」の歌響き/高麗神社で朝・日友好願い野遊会開催

「レールウェイ!」の歌響き/高麗神社で朝・日友好願い野遊会開催

民間交流で互いの国を知る 日朝友好第36回高麗野遊会「KOMAからつながる未来へ」が7日、埼玉県日高市の高麗神社で行われ、同胞、日本の友人たち約150人が参加した。…

朴日粉著「過去から学び、現在(いま)に橋をかける」出版記念会

朴日粉著「過去から学び、現在(いま)に橋をかける」出版記念会

作家、詩人、編集者、学者ら90人が祝う 本社で40年以上にわたり記者生活を送ってきた朴日粉さん(元朝鮮新報編集局副局長)の著書「過去から学び、現在(いま)に橋をかける―日朝をつなぐ35人」(梨の木舎刊 [...]…

故・杉本文男さんの想い出・上/荒井宏行

故・杉本文男さんの想い出・上/荒井宏行

朝鮮の自主的平和統一望む 久しぶりに晴れ間が見えた9月18日、松本市島立にある長野朝鮮初中級学校。朝鮮学校の生徒さんが黙とうをささげた。見事な黄金色に染まった学習田。この稲刈りに毎年参加した杉本さんは [...]…