Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » 祖国・情勢 » 南北 (Page 28)

安重根の愛国的壮挙100周年/北と南の団体がアピール文

日本の謝罪と賠償要求 安重根が伊藤博文を中国・ハルビンで殺害(1909年10月26日)してから100年になる26日、朝鮮宗教人協議会と安重根義士記念事業会は、「7000万民族に送るアピール文」を発表し [...]…

〈論考 2〉オリンピックと統一コリア

〈論考 2〉オリンピックと統一コリア

統一の相乗効果 4年に1度開かれるオリンピック、私たちにとってはこれまで、単に世界最大規模のスポーツ祭典というだけでなく、わが民族の統一の必然性を世界にアピールする格好の舞台でもあった。 南朝鮮におけ [...]…

第15回北南閣僚級会談/共同報道文、「わが民族同士」で平和と繁栄を

23日にソウルで発表された第15回北南閣僚級会談共同報道文は次のとおり。 第15回北南閣僚級会談が2005年6月21日から23日までソウルで行われた。 会談で双方は、6.15北南共同宣言発表以後、過去 [...]…

南北赤十字会談で帰還決まる

非転向長期囚の喜び「孫の顔が見たい」、「故郷で家族の世話に」 南北自由往来を 6月30日、金剛山で行われた南北赤十字会談で、非転向長期囚全員を9月初めに帰還させるとの合意が発表されても、ソウルにある「 [...]…

〈開かれた扉 南北新時代 5〉〝世界最強のソフトウェア国に〟

ゼロサムゲームからウィンウィンゲームに 南北共同宣言第4項は、一方が得をすると、もう一方が損をするというゼロサムゲームが、もはや終わり、南北双方が互いに得をする時代へ突入することを告げた。…

〈投稿〉統一列車は走る / 金正培

2000年6月13日 ソウル空港より一機の特別機が 満願の思いを乗せて わずかな空に爆音の響きを残したまま ピョンヤンの空港に滑り降りた 今世紀最後の瞬間に 世界の120億の瞳と耳を集中させ 空に残さ [...]…

「首脳同士の出会い」に寄せられた祝意

共に流した熱い涙 南北首脳の握手。何度見ても涙するシーンである。老若男女を問わず、胸を熱くしなかった人はいないだろう。同時代に居合わせた幸せをしみじみ思う。…

最高級位級会談受け、米で相次ぐ「駐屯是非論」

「3年以内に停戦終息」「南北和解で米軍縮小」 初の南北最高位級会談の成功によって、朝鮮半島の緊張緩和へのムードが高まっていることについて、米国でも最近、南に駐屯する米軍の撤退問題や停戦状態の完全終息、 [...]…

〈開かれた扉 南北新時代 4〉政治の壁越える離散家族再会

宣言履行の確固たる意志 15年前の9月、平壌とソウルで離ればなれになった肉親が、40年ぶりに再会した。平壌でも互いに名前を呼び合う感動的な場面が繰り広げられた。が、それは束の間だった。相手側の体制に対 [...]…

〈南北赤十字会談〉離散家族、100人ずつ相互訪問

非転向長期囚は9月初めに 【平壌6月30日発朝鮮中央通信=朝鮮通信】 6月27日から金剛山で開かれていた南北赤十字会談で双方は、南北共同宣言に基づき、離散家族・親戚訪問団を交換し、非転向長期囚を送還す [...]…