Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » 運動,生活 » 権利福祉

〈人・サラム・HUMAN〉女性同盟福岡・八幡支部副委員長/李淑伊さん

〈人・サラム・HUMAN〉女性同盟福岡・八幡支部副委員長/李淑伊さん

“高齢同胞に当然の権利を” 9年間の八幡支部での介護ボランティアを経て、09年にデイサービスさらんを立ち上げた。その後病院だった建物を買取りリフォームし、13年から株式会社アイという名前でデイサービス [...]…

〈大阪補助金裁判〉主張の正当性は歴史が証明/「無償化連絡会・大阪」声明(全文)

「大阪補助金裁判」の判決が言い渡された26日、「朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪」が発表した声明(全文)は以下のとおり。 学校法人大阪朝鮮学園が大阪府と大阪市を相手取り、2011年度分補助金の不 [...]…

〈大阪補助金裁判〉怒りをもって闘い続ける/大阪朝鮮学園声明(全文)

「大阪補助金裁判」に関する大阪地方裁判所の判決が下された26日、学校法人・大阪朝鮮学園が声明を発表した。全文は以下のとおり。 大阪朝鮮学園声明(全文) ―怒りをもって闘い続けるー 大阪朝鮮学園は、補助 [...]…

〈大阪補助金裁判〉不当な判決に屈せず、速やかに控訴を/大阪地裁が学園の訴えを棄却

〈大阪補助金裁判〉不当な判決に屈せず、速やかに控訴を/大阪地裁が学園の訴えを棄却

学校法人大阪朝鮮学園が原告となり、大阪府と大阪市が朝鮮学校に対する補助金不交付決定の取り消しと交付の義務づけを求めた裁判(以下、大阪補助金裁判)の判決が1月26日、大阪地方裁判所の202号大法廷で言い [...]…

医協西日本本部主催「ホスピス研究会」/27回目を迎える事業の柱

医協西日本本部主催「ホスピス研究会」/27回目を迎える事業の柱

「認知症との付き合い方」 在日本朝鮮人医学協会西日本本部主催の「ホスピス研究会」が10月1日に大阪市内で行われた。医協西日本本部の会員や日本の介護関係者ら61人が参加した。 「ホスピス」とは終末期を迎 [...]…

教育補助金の早急な至急を/千葉県知事あての要望書提出

教育補助金の早急な至急を/千葉県知事あての要望書提出

千葉初中の金有燮校長をはじめとした学校関係者や同校を支援する日本人有志たちが11月17日に千葉県庁を訪ね、担当者に森田健作知事宛ての「千葉朝鮮初中級学校への補助金等に関する要望書」を提出した。 当日の [...]…

〈本の紹介〉ヘイトデモをとめた街 /神奈川新聞「時代の正体」取材班編

〈本の紹介〉ヘイトデモをとめた街 /神奈川新聞「時代の正体」取材班編

差別に打ち勝つ共生の力 ヘイトスピーチ対策法成立直後の6月5日、風景が変わった。日本全国で吹き荒れたヘイトデモが川崎市中原区で、出発直後に「中止」に追い込まれた。 本書のタイトルは「ヘイトデモをとめた [...]…

1000回でも声をあげ、闘おう!/100回目を迎えた文科省前「金曜行動」

1000回でも声をあげ、闘おう!/100回目を迎えた文科省前「金曜行動」

2013年5月31日から始まった、朝鮮学校への「高校無償化」制度適用をもとめる「金曜行動」が100回目を迎えた。朝鮮大学校、東京中高、神奈川中高、留学同の学生、生徒たちとオモニ会、日本市民ら約1000 [...]…

〈本の紹介〉ヘイトスピーチはどこまで規制できるか/LAZAK(在日コリアン弁護士協会)編 板垣竜太・木村草太 他著

〈本の紹介〉ヘイトスピーチはどこまで規制できるか/LAZAK(在日コリアン弁護士協会)編 板垣竜太・木村草太 他著

思考停止の議論を穿つ 特定の人種・民族への差別を扇動するヘイトスピーチは「どこまで」規制できるのか。 ヘイトスピーチが社会問題化し数年、法規制についてされる議論のほとんどは「表現の自由」の壁の前で思考 [...]…

和歌山弁護士会が会長声明/「3.29通知」撤回と適正な補助金交付を求める

和歌山弁護士会の藤井幹雄会長は9日、「『朝鮮学校に係る補助金交付に対する留意点について(通知)』の撤回を求めるとともに、学校法人和歌山朝鮮学園に対する補助金の適切な交付を求める会長声明」を発表した。 [...]…