Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » 運動・生活 (Page 3)

「130人が一つに」/第32回在日朝鮮学生少年芸術団

「130人が一つに」/第32回在日朝鮮学生少年芸術団

感動の舞台を目指し 平壌で行われる2019年学生少年たちの迎春公演を数日後に控え、第32回在日朝鮮学生少年芸術団の練習も佳境に入っている。児童・生徒たちが目指すのは「130人が一つになった」舞台だ。 [...]…

市民の声で無償化の権利を/京都で65回目の「火曜アクション」

市民の声で無償化の権利を/京都で65回目の「火曜アクション」

1年間で延べ1500人以上が参加 朝鮮学校への高校無償化制度適用を求める京都「火曜アクション」が12月18日に四条河原町交差点と京都タワー前の2カ所で行われた。朝青、留学同、京都朝高生、朝鮮学校教員、 [...]…

〈特集・北南和解に沸いた同胞社会〉ともに喜び、歌い、踊る、同胞夜会の熱気

〈特集・北南和解に沸いた同胞社会〉ともに喜び、歌い、踊る、同胞夜会の熱気

2018年、3度の北南首脳会談によって生まれた北南和解と統一の機運は、同胞社会に希望の光をもたらした。各地の喜びと興奮を振り返る。 東京第1初中で行われた「板門店宣言支持歓迎・幼稚班創立50周年記念  [...]…

〈特集・北南和解に沸いた同胞社会〉“民族の魂を呼び起こす”/各地の朝鮮歌舞団

〈特集・北南和解に沸いた同胞社会〉“民族の魂を呼び起こす”/各地の朝鮮歌舞団

2018年、3度の北南首脳会談によって生まれた北南和解と統一の機運は、同胞社会に希望の光をもたらした。各地の喜びと興奮を振り返る。 4.27北南首脳会談が行われた後から大阪朝鮮歌舞団の動きはせわしなか [...]…

【対談】朝・日友好親善への思い/京都の運動

【対談】朝・日友好親善への思い/京都の運動

“どんな時も揺るぎない信念で”、“子どもたちの笑顔咲く社会を” 同胞社会に対する差別と偏見が根強い中、朝・日連帯は困難を乗り越えていくうえでの大きな力となる。京都では長年さまざまな分野で朝・日が手を携 [...]…

〈人・サラム・HUMAN〉留学同西東京/曺英明さん

〈人・サラム・HUMAN〉留学同西東京/曺英明さん

現役で公認会計士試験に合格 会計系の最高峰の国家試験といわれる公認会計士試験。医師試験、司法試験と並び、三大国家試験と称されることも。短答式試験(12月、5月)の合格率は約30%、論文式試験(8月)の [...]…

〈人・サラム・HUMAN〉コマチュック医療班責任者/柳永善さん

〈人・サラム・HUMAN〉コマチュック医療班責任者/柳永善さん

選手たちに安心してプレーを 今年で40回目を迎えた「在日朝鮮初級学校中央サッカー大会(コマチュック大会)」。 大会では選手たちが安心してプレーできるよう、毎年、医療班が設置されている。そこで5年前から [...]…

活動振り返り楽しいひと時/総聯東京・大井八潮分会で総会と忘年会

活動振り返り楽しいひと時/総聯東京・大井八潮分会で総会と忘年会

総聯東京・城南支部大井八潮分会の総会および忘年会が12月9日、城南支部講堂で行われ老若男女36人の同胞が参加した。 総会ではまず、金学権分会長が4年間の分会活動を振り返った。…

延べ250人で大盛況/長野で劇団石公演

延べ250人で大盛況/長野で劇団石公演

劇団石(トル)のマダン劇「カンアジトン」(こいぬのうんち)と「在日バイタルチェック」公演が11月30日と12月1日に長野初中で行われた。 公演は子どもたちに本物の演劇を見せてあげたいという思いで長野初 [...]…

歌と踊り通じて朝・日友好を/福岡朝鮮歌舞団宮若市公演

歌と踊り通じて朝・日友好を/福岡朝鮮歌舞団宮若市公演

約200人で盛況 福岡朝鮮歌舞団宮若市公演(主催=部落開放鞍手地区共闘会議)が12月8日、福岡県の宮若市コミュニティーセンターハートフルで行われ、総聯福岡県本部の徐好植副委員長、総聯筑豊支部の李鐘健委 [...]…