Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » 文化 » 舞台 (Page 5)

〈金剛山歌劇団創立40周年記念特別公演〉参加者の感想/清らかな情景が目に浮かんだ

公演を鑑賞した広島修道大学名誉教授の菱木一美さんは、統一をモチーフとした作品から、団員たちの民族に対する思いが音楽、舞踊を通じて感動的に伝わったと微笑んだ。特に、「金剛山のうた」の作品は、金剛山の清ら [...]…

劇団アランサムセ「ファウスト 漂流者―記憶、或いは歴史の喪失について―」

劇団アランサムセ「ファウスト 漂流者―記憶、或いは歴史の喪失について―」

「歴史」「記憶」の中の主体性 劇団アランサムセ2014年度公演「ファウスト 漂流者―記憶、或いは歴史の喪失について―」が27日、新宿区のタイニイアリスで上演された。 2005年に上演した「アベ博士の心 [...]…

テッキョンと朝鮮歌舞の「夢のコラボ」/舞台に広がる朝鮮の伝統武芸

テッキョンと朝鮮歌舞の「夢のコラボ」/舞台に広がる朝鮮の伝統武芸

“統一した祖国でマダンノリをしたい” 在日本テッキョン連盟と兵庫朝鮮歌舞団によるコラボライブ「무(ム)」が1日、Art Theater dB Kobe(兵庫県神戸市)で行われた。昼夜合わせて、297人 [...]…

さまざまな立場の人に問いかけ/劇団タルオルム「想思花-サンサファ-」

さまざまな立場の人に問いかけ/劇団タルオルム「想思花-サンサファ-」

“同胞社会の真の豊かさとは…” 10日と11日にかけて、朝鮮大学校講堂で劇団タルオルムによる「想思花-サンサファ-」が上演され、学生、同胞、約200人が観覧した。 在日朝鮮人3世が中心となり、2005 [...]…

【寄稿】演劇「歌姫クロニクル」を観て/高演義

【寄稿】演劇「歌姫クロニクル」を観て/高演義

在日朝鮮人のたたかい方について 6月28日、私は雨の中を、オープンキャンパスということで朝鮮大学校へ出かけていった。お目当ては、コリアン・ミュージカル「歌姫クロニクル」だ。これまで都内で何度か機会があ [...]…

国際アジア文化学会シンポジウム「アジアの民俗芸能・舞踊と文化」

芸術の力で平和のメッセージを 国際アジア文化学会シンポジウム「アジアの民俗芸能・舞踊と文化」では、北南朝鮮と中国、日本の舞踊についての研究発表と実演が行われた。 日本の民俗舞踊「祭りのおどり」について [...]…

第23回国際アジア文化学会で朝大教授が発表

第23回国際アジア文化学会で朝大教授が発表

伝統芸能、民族舞踊を現代に 第23回国際アジア文化学会2014年度大会が14日、川村学園女子大学(千葉県我孫子市)で開かれ、シンポジウム「アジアの民族芸能・舞踊と文化」が行われた。 1992年以降毎年 [...]…

「4月の春親善芸術祭典」のポスター

「4月の春親善芸術祭典」のポスター

“自主、平和、親善”をテーマに 朝鮮中央通信によると、第29回4月の春親善芸術祭典の開幕を前にポスターが作成された。 地球を背景に祭典のマークとさまざまな民族衣装をまとった女性芸能人、「自主、平和、親 [...]…

平壌で芸術の国際イベント/4月の春親善芸術祭典

平壌で芸術の国際イベント/4月の春親善芸術祭典

外国人や海外同胞らが参加 朝鮮中央通信によると、金日成主席の誕生日・太陽節に際して第29回「4月の春親善芸術祭典」が11~17日、平壌で行われた。「4月の春親善芸術祭典」は、自主、親善、平和の理念の下 [...]…

「朝鮮人でいいんだ」/感謝の気持ち伝えた兵庫学生会公演

「朝鮮人でいいんだ」/感謝の気持ち伝えた兵庫学生会公演

兵庫学生会による文化公演「希望の翼を広げて」が3月29日、神戸市立垂水勤労市民センターで行われた。2年ぶりの兵庫学生会公演は、今回で20回目を数える。この日は18人の学生会メンバーが舞台に上がり、神戸 [...]…