Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » 文化 (Page 4)

群馬朝鮮人追悼碑裁判、第2回口頭弁論/“歴史に耐えうる判決を”

群馬朝鮮人追悼碑裁判、第2回口頭弁論/“歴史に耐えうる判決を”

県立公園・群馬の森(群馬県高崎市)にある朝鮮人強制連行犠牲者追悼碑の設置許可について、県が更新しなかったのは違法だとして、碑を設置した「記憶・反省そして友好」の追悼碑を守る会(以下、守る会)が処分の取 [...]…

〈人・サラム・HUMAN〉神戸学生青年センター館長/飛田雄一さん

〈人・サラム・HUMAN〉神戸学生青年センター館長/飛田雄一さん

平和のための真相究明を ベトナム戦争や日米安保反対を訴える社会運動が盛んだった1960年代後半から70年代にかけて、大学時代を過ごした。当時、反戦平和運動に携わったことをきっかけに、在日朝鮮人への差別 [...]…

金剛山歌劇団・舞踊ミュージカル「春香伝」が函館で開催

金剛山歌劇団・舞踊ミュージカル「春香伝」が函館で開催

“来年も会いましょう” 金剛山歌劇団第48回函館公演が10月25日、北斗市総合文化センター(北海道北斗市)で行われた。2002年から毎年恒例の行事となり、地域で長らく愛されてきた同公演。今年は、従来使 [...]…

元徴用工への賠償確定/南の最高裁、新日鉄住金に

「あまりに遅すぎた」 南朝鮮の大法院(最高裁)は10月30日、日本の朝鮮植民地時代に強制労働を強いられた元徴用工4人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)を相手取り損害賠償を求めた訴訟の上告審で、原告勝訴の判決 [...]…

〈学美の世界 1〉民族教育だからこその作品/朴一南

〈学美の世界 1〉民族教育だからこその作品/朴一南

学美(在日朝鮮学生美術展)の作品は他とは違う大きな特徴を持つ。大人の作品であれ子どもの作品であれ、一般的に上手さや描写力は絶対的評価基準に入る。それをあえていったん横に置き、改めて子どもの作品と向き合 [...]…

政府の「明治150年」礼賛を批判/市民団体が集会

政府の「明治150年」礼賛を批判/市民団体が集会

“一面的な歴史認識の強要” “加害の歴史、反省を” 明治維新から150周年を記念する政府主催の式典が10月23日、東京・永田町の憲政記念館で開かれた。安倍首相は式典で、明治期に日本が侵略戦争と植民地支 [...]…

〈続・歴史×状況×言葉・朝鮮植民地支配と日本文学 7〉朝鮮戦争と日本文学 3 井上光晴/原罪・責任としての「朝鮮」に向き合う

〈続・歴史×状況×言葉・朝鮮植民地支配と日本文学 7〉朝鮮戦争と日本文学 3 井上光晴/原罪・責任としての「朝鮮」に向き合う

日本文学と朝鮮、とりわけ朝鮮戦争とのかかわりについて述べようとするとき、井上光晴を取り上げないではすまされないだろう。井上の文学における「炭鉱」「天皇制」「戦争」「原爆」「共産党」といった原体験には、 [...]…

朴日粉著「過去から学び、現在(いま)に橋をかける」出版記念会

朴日粉著「過去から学び、現在(いま)に橋をかける」出版記念会

作家、詩人、編集者、学者ら90人が祝う 本社で40年以上にわたり記者生活を送ってきた朴日粉さん(元朝鮮新報編集局副局長)の著書「過去から学び、現在(いま)に橋をかける―日朝をつなぐ35人」(梨の木舎刊 [...]…

金剛山歌劇団2018年舞踊ミュージカル「春香伝」を観て/高梨晃嘉

金剛山歌劇団2018年舞踊ミュージカル「春香伝」を観て/高梨晃嘉

朝鮮の名作「春香伝」が、今も朝鮮の人々を魅了してやまない古典と言われ続けているのはなぜか?―その理由を知りたいと思いつつ、金剛山歌劇団神奈川公演へ足を運んだ。…

1200人が泣き、笑い/金剛山歌劇団2018神奈川公演

1200人が泣き、笑い/金剛山歌劇団2018神奈川公演

金剛山歌劇団2018年舞踊ミュージカル「春香伝」神奈川公演(主催=同実行委)が9月29日、川崎市・カルッツかわさきで行われ、総聯中央の裵眞求副議長、文芸同中央の金正守委員長、総聯神奈川県本部の高行秀委 [...]…