Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » 文化 » 音楽

朝高で叶える夢/神戸朝高生が国際フルートコンクール優勝

朝高で叶える夢/神戸朝高生が国際フルートコンクール優勝

国内最高クラスの大会で快挙 5月2~6日にかけて滋賀県高島市で行われた「第24回びわ湖国際フルートコンクール」のジュニア部門で、神戸朝高吹奏楽部の成希蘭さん(3年)が優勝した。大会には日本各地の高校生 [...]…

〈人・サラム・HUMAN〉アカペラグループ「えびお」責任者/徐亨碩さん

〈人・サラム・HUMAN〉アカペラグループ「えびお」責任者/徐亨碩さん

圧巻のボイパで「コリハモ」優勝 1月27日に行われた在日同胞アカペラ大会「コリハモ」決勝大会(Zeppなんば)でチーム「えびお」の中心メンバーとして優勝、「ベストボイパ賞」も獲得した。 打楽器の音を口 [...]…

【寄稿】冬の日のある夕べの音楽会―盧相鉉ピアノ演奏会に招かれて―

【寄稿】冬の日のある夕べの音楽会―盧相鉉ピアノ演奏会に招かれて―

先日(1月23日)の夕方、東京・立川で「第23回朝鮮大学校教育学部音楽科在学生・卒業生合同音楽会」という催しがあり、寒い中を、招待状を手に出かけた。 プログラムによれば、パートⅡが「盧相鉉ピアノ演奏会 [...]…

学校への思い、歌に乗せ/同胞青年らが「ウリハッキョ応援チャリティーライブ」

学校への思い、歌に乗せ/同胞青年らが「ウリハッキョ応援チャリティーライブ」

「あなたにとって『ウリハッキョ』はどういう存在でしょうか」― 12月3日、大阪市内のライブハウスで行われた「ウリハッキョ応援チャリティライブ」。会場いっぱいに集まった50余人の観客に向かい、宋知香さん [...]…

大阪朝鮮吹奏楽団第37回定期演奏会に参加して/李光錫

大阪朝鮮吹奏楽団第37回定期演奏会に参加して/李光錫

「4.24~Saisa~」「青山里の豊年」「臨津江」など 大阪朝鮮吹奏楽団は1974年に結成され、今年で創団44年を迎えた。 定期演奏会も今回で37回目。 私は、大阪朝高1年の時に第2回定期演奏会に参 [...]…

大阪朝鮮吹奏楽団第37回定期演奏会に参加して/李光錫

大阪朝鮮吹奏楽団第37回定期演奏会に参加して/李光錫

「4.24~Saisa~」「青山里の豊年」「臨津江」など 大阪朝鮮吹奏楽団は1974年に結成され、今年で創団44年を迎えた。 定期演奏会も今回で37回目。 私は、大阪朝高1年の時に第2回定期演奏会に参 [...]…

〈若きアーティストたち 138〉音楽講師/康沈哲さん

〈若きアーティストたち 138〉音楽講師/康沈哲さん

“誰のために、どんな音楽を?”/同胞たちの生活を音にして 半世紀以上の伝統を築いてきた在日本朝鮮学生芸術コンクール。その中の舞踊・創作部門といえば、按舞はもちろん、衣装、そして [...]…

若手歌手が美声で競演、第1回平壌国際声楽コンクール

若手歌手が美声で競演、第1回平壌国際声楽コンクール

8ヵ国37人が参加 【平壌発=文・李相英、写真・盧琴順】第1回平壌国際声楽コンクールが4月5日から12日まで平壌の牡丹峰劇場で行われた。国内外の若手歌劇(オペラ)歌手を対象とした同コンクールに8ヵ国か [...]…

〈若きアーティストたち 137〉ピアニスト/朴琴香さん

〈若きアーティストたち 137〉ピアニスト/朴琴香さん

望み続ければ限界はない/ピアノ通じ人間性培う 「浜松駅で毎朝ピアノを弾く少女」 幼い少女の奏でる旋律に、道行く人は足をとめ、称賛をおくる。まるで当時からその後の活躍を暗示するかのように―。…

〈南側芸術団平壌公演〉“音楽の力で一つになった”/南側芸術団メンバーの感想

〈南側芸術団平壌公演〉“音楽の力で一つになった”/南側芸術団メンバーの感想

3泊4日の日程で、平壌に滞在し、2回の公演を行った南側芸術団のメンバーたち。滞在期間、平壌冷麺で有名な玉流館を訪れた他、北側アーティストとともに歓送晩餐会に参加するなど、交流を深めた。 今回、初めて平 [...]…