Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » 文化 » 音楽

若手歌手が美声で競演、第1回平壌国際声楽コンクール

若手歌手が美声で競演、第1回平壌国際声楽コンクール

8ヵ国37人が参加 【平壌発=文・李相英、写真・盧琴順】第1回平壌国際声楽コンクールが4月5日から12日まで平壌の牡丹峰劇場で行われた。国内外の若手歌劇(オペラ)歌手を対象とした同コンクールに8ヵ国か [...]…

〈若きアーティストたち 137〉ピアニスト/朴琴香さん

〈若きアーティストたち 137〉ピアニスト/朴琴香さん

望み続ければ限界はない/ピアノ通じ人間性培う 「浜松駅で毎朝ピアノを弾く少女」 幼い少女の奏でる旋律に、道行く人は足をとめ、称賛をおくる。まるで当時からその後の活躍を暗示するかのように―。…

〈南側芸術団平壌公演〉“音楽の力で一つになった”/南側芸術団メンバーの感想

〈南側芸術団平壌公演〉“音楽の力で一つになった”/南側芸術団メンバーの感想

3泊4日の日程で、平壌に滞在し、2回の公演を行った南側芸術団のメンバーたち。滞在期間、平壌冷麺で有名な玉流館を訪れた他、北側アーティストとともに歓送晩餐会に参加するなど、交流を深めた。 今回、初めて平 [...]…

〈南側芸術団平壌公演〉平和の春呼ぶ、北南のハーモニー/1万2千人の平壌市民が歓喜

〈南側芸術団平壌公演〉平和の春呼ぶ、北南のハーモニー/1万2千人の平壌市民が歓喜

金正恩委員長が観覧/平壌で2回の公演 27日に開催される北南首脳会談を控え、南側芸術団が3月31日から4月3日まで訪北し、2回の公演を行った。南側芸術団による平壌公演は13年ぶりで、南北の合同公演が行 [...]…

“圧巻のステージ、感動の嵐”/京都中高吹奏楽部、第12回定期演奏会

“圧巻のステージ、感動の嵐”/京都中高吹奏楽部、第12回定期演奏会

名門の明徳高校と共演 京都中高吹奏楽部の第12回定期演奏会「星々の交響〜朝・日の夜空に響け希望のメロディ〜」が昨年12月28日、同志社大学寒梅館で行われ、同胞や日本市民ら約500人が観覧した。演奏会に [...]…

〈若きアーティストたち 133〉レゲエ歌手/YUFI(尹由希)さん

〈若きアーティストたち 133〉レゲエ歌手/YUFI(尹由希)さん

“活躍して親孝行がしたい”/イオから始まったレゲエ人生 「日本語を喋るけど国籍は韓国、けれどウリハッキョに通って朝鮮語を学ぶ、自分は何人なんだろう…。この国に住みながら、同じ境遇の子たちがぶつかる壁。 [...]…

日本クラシック音楽コンクール全国大会出場/神戸朝高・権祐姫、成希蘭さん

日本クラシック音楽コンクール全国大会出場/神戸朝高・権祐姫、成希蘭さん

神戸朝高の権祐姫(高2)、成希蘭(高1)さんが、17年度「第27回日本クラシック音楽コンクール全国大会」に出場する。二人は勉強や部活動(吹奏楽部)、朝青活動に励むかたわら、練習を重ね実力をつけてきた。 [...]…

日本クラシック音楽コンクール全国大会へ/京都中高の朴美姫さん

日本クラシック音楽コンクール全国大会へ/京都中高の朴美姫さん

京都中高の朴美姫さん(高2)が、2017年度「第27回日本クラシック音楽コンクール」コントラバス部門の予選、本選を突破し、全国大会への出場を決めた。 朴さんは同校で勉強や部活動(民族器楽部)、朝青活動 [...]…

本場の空気、技術に触れる/祖国での通信受講制度

本場の空気、技術に触れる/祖国での通信受講制度

【平壌発=黄理愛】日本各地にある朝鮮学校の高級部生徒たちが、民族芸術を本場・朝鮮で学ぶ通信受講制度。26回目となる今年は36人の受講生が参加した。受講を希望し審査に合格した生徒らは、高級部1年からの3 [...]…

〈人・サラム・HUMAN〉「民楽」団員・タンソ奏者/許貴広さん

〈人・サラム・HUMAN〉「民楽」団員・タンソ奏者/許貴広さん

幼い頃から音楽に囲まれた生活を送ってきた。「両親が音楽好きで、朝鮮の歌や日本の歌が、家の中によく流れていた」。 初級部時代に始めた民族楽器とは、もはや切っても切れない関係となった。民族楽器重奏団「民楽 [...]…