Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » 文化 » 食・グルメ (Page 9)

〈食のはなし 13〉冬至の節食/凶事を払う小豆粥

冬至は毎年12月22日前後にあたる。冬至は、暦の二十四節気の1つで1年の間でもっとも昼が短く夜が長い日のことを指し、太陽の光が弱くなるとともに寒さはますます厳しくなってくる。しかし、この日を境に日照時 [...]…

〈食のはなし 12〉美肌と朝鮮料理/肌は健康のバロメータ

肌は健康のバロメータ、内臓の鏡といわれるほど体の状態をよく反映する。健康の指標は「快眠、快食、快便」だが、これらが崩れると湿疹や吹き出物など肌に異常がてきめんに現われる。もっとも「素肌美人は食にあり」 [...]…

〈食のはなし 11〉薬食同源の朝鮮料理/「病気予防は食にあり」

朝鮮料理が固有な食文化として発展し、調理や栄養的にそのすばらしさが認められるようになったのは、朝鮮王朝における宮中料理なくしては語れないといっても過言ではない。 日本では南の歴史ドラマ「大長今(チャン [...]…

〈食のはなし 10〉低出生体重と「肥満」/小さく産んで大きく育てる?!

一昔前まで「小さく産んで大きく育てる」ことが妊産婦にとって理想であり、産科医から「妊産婦の体重増加はさまざまな疾病につながる」と指摘された方も多いのではないだろうか。 しかし、最近になり低出生体重児が [...]…

〈食のはなし 9〉「弁当の日」/子どもの食生活、体格の比較

2001年、朝大教育学部の学生が東京第1初中および東京第9初級の4、5、6年生と保護者約200人(回収率それぞれ86%、68%)を対象に食生活の実態調査を行った。 内容は、児童の起床就寝時間、朝夕食の [...]…

〈食のはなし 8〉旬の魅力/四季折々の美味しい食材

旬とは、食材が他の時期よりも新鮮でおいしく食べられることを指す。また収穫量が多く、店頭を賑わし、値段も安い。植物や果実でたとえて言うと色、形、香りすべてが最高の時である。動物たちはこの鮮やかな色と香り [...]…

〈食のはなし 7〉食育/子どもの笑顔と心を育てる

5月末、香川県綾川町立滝宮小学校で「弁当の日」を発案した竹下和夫校長の講演を聴きに東洋大学へ足を運んだ。 「弁当の日」とは2001年から実施された食育活動の1つで、ルールは以下の3つ。…

〈食のはなし 6〉夏野菜(下)/冬瓜で暑さを振り払おう!

暑気を振り払ってくれる野菜に冬瓜がある。 7月に旬を迎えるが、保存性が高いうえ、風通しのよいところに置くと冬まで持ち越せることから、冬瓜の名がついたと言われる。 96%が水分でビタミンCも豊富な低カロ [...]…

〈食のはなし 5〉夏野菜(上)/ガンや老化を食で防ぐ

朝鮮料理は、朝鮮の豊かな気候風土により、季節ごとの旬の野菜の香りと味を生かし、多彩な発展を遂げてきた。 今回、朝鮮料理研究家の金純子先生から夏にぴったりのメニューとして、「茄子の冷菜」を紹介してもらっ [...]…

〈食のはなし 4〉食品添加物/体内でじわじわと健康蝕む

食品のパッケージには食品添加物名がびっしり並んでいる。「これ食べて大丈夫?」と思えるほど怪しい名前がいっぱい連なっている。食品衛生法やJAS法など食品表示に関する多くの法律の規制により、食品添加物の明 [...]…