Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » 文化 » 美術

〈学美の世界 13〉社会の傾向性に対する自立/康貞淑

〈学美の世界 13〉社会の傾向性に対する自立/康貞淑

多種多様な作品群は、表現とは何か、自由とは何かと問われた子どもたちが、紡ぎだした声である。大河に沿って流れることが自由なのか、はたまた流されまいと逆行することが自由なのか。 認知過程が表出される幼年期 [...]…

「美術手帖」の表紙飾る/李晶玉さんの作品

「美術手帖」の表紙飾る/李晶玉さんの作品

美術家・李晶玉さん(朝鮮大学校美術科非常勤講師)の作品が、1948年創刊の美術専門誌「美術手帖」2019年12月号の表紙を飾った。 11月7日に発売された「美術手帖」12月号の表紙となったのは、李さん [...]…

〈学美の世界 12〉子どもたちの心情を映し出す作品たち/朴美奥

〈学美の世界 12〉子どもたちの心情を映し出す作品たち/朴美奥

学生美術展は、初級部1年生から高校の美術クラブ生の作品まで約2600点余りの作品を8月の約1週間、全国の図工・美術担当の教員たちが朝鮮大学校に集まり審査を行っている 上手さよりも、多様な表現力を重視し [...]…

〈学美の世界 11〉感動や喜び、悲しみを奪わないように/崔栄梨

〈学美の世界 11〉感動や喜び、悲しみを奪わないように/崔栄梨

子どもたちの姿を見ていると、大人には何ができるんだろうと、いつも考える。そしてついつい何かを作用しようとしてしまう。 でも、子どもたちは多くの場合、そのままですでに素晴らしい。大人の作用によって、とき [...]…

〈学美の世界 10〉子どもたちの心が作品に宿る/曺昌輝

〈学美の世界 10〉子どもたちの心が作品に宿る/曺昌輝

児童・生徒が作品に対して真摯に向き合うほどに作品に児童・生徒の心が宿る。それぞれの児童・生徒が持つ個性が作品に現れるのだ。われわれはそんな作品から感じるその心に惹かれているのではないだろうか。 学美の [...]…

漫画新人賞で準入選/朝大研究院生の鄭大河さん

漫画新人賞で準入選/朝大研究院生の鄭大河さん

朝鮮大学校研究院に所属する鄭大河さん(23)の作品「カラクリカラ」が「第97回ストーリー漫画部門手塚賞」で「準入選」した。 「手塚賞」は「週刊少年ジャンプ」や「ジャンプSQ」(スクエア)などの漫画雑誌 [...]…

〈若きアーティストたち 145〉新人漫画家/鄭大河さん

〈若きアーティストたち 145〉新人漫画家/鄭大河さん

自分にしか描けない作品を/在日朝鮮人としての自分の「リアル」と向き合う 「とても雰囲気がある。演出も面白く、工夫されてていい」(「ONE PIECE」・尾田栄一郎さん)、「デザインと作品のテーマがきち [...]…

〈学美の世界 9〉「生きる力」発信する子どもたち/金順玉

〈学美の世界 9〉「生きる力」発信する子どもたち/金順玉

子どもにとって「学校」は「社会」であり、その場を手持ちの力で生きている。学生美術展で出会う作品からは、子どもたちの「生きる力」が伝わってくる。 画用紙の四角い「枠」の中で子どもたちは能動的であり、かつ [...]…

〈学美の世界 8〉子どもたちの表現力に嫉妬する/姜泰成

〈学美の世界 8〉子どもたちの表現力に嫉妬する/姜泰成

児童・生徒たちの表現力にはいつも驚かされる。 ありふれた日常の中から特別を生み出す力は簡単に備わるものではない。 しかし、図工、美術の時間の児童・生徒たちはいとも簡単にやってのけてしまう。 授業を行い [...]…

日常の思いを鮮やかに描く/在日コリアン女流美術展「パラムピッ2019」

日常の思いを鮮やかに描く/在日コリアン女流美術展「パラムピッ2019」

在日コリアン女流美術展「パラムピッ2019」(以下、「パラムピッ」)が2日から6日まで東京都・品川区民ギャラリーにて開催された。「パラムピッ」は関東近郊に住む在日同胞女性のグループ美術展で、メンバーは [...]…