Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » 文化 » 美術

注目集めたユニークな企画/東京中高文化祭の会場で

注目集めたユニークな企画/東京中高文化祭の会場で

11日に行われた東京中高文化祭で特に目を引いていたのが「カッパ」だ。何匹ものカッパが会場内を歩き回り、参加者たちの「夢」を聞いてまわっていた。 その正体は、アーティストの遠藤一郎さんを中心とした「カッ [...]…

第6回都美セレクション展に選出/朝大×武蔵野美大合同企画展「境界を跨ぐと、」

第6回都美セレクション展に選出/朝大×武蔵野美大合同企画展「境界を跨ぐと、」

朝大と武蔵野美術大の学生たちによる合同展覧会「境界を跨ぐと、」(主催=東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、「突然、目の前がひらけて」制作委員会)が、25日から東京台東区の東京都美術館で開催 [...]…

共に創り上げた友好の絆/第55回日朝友好展

共に創り上げた友好の絆/第55回日朝友好展

第55回日朝友好展が16日~22日、神奈川県横浜市西区の横浜市民ギャラリーで開催された。開催期間、会場には約1027人が訪れた。 同展示会は、互いの民族の違いを超えた友好と連帯の場として、1960年か [...]…

〈若きアーティストたち 128〉建築・デザイナー/鄭愛香さん

〈若きアーティストたち 128〉建築・デザイナー/鄭愛香さん

建築・デザインから「社会性」を/「在日」の自分を発信し、人々を結ぶ 「建築・デザインは人と人、人と社会を結ぶ力を持っている」 居心地のいいカフェ、勉強のはかどる図書館、笑顔があふれる家…普段なにげなく [...]…

〈壮大なスケール「白頭山」〉岩橋崇至 山岳写真展「大地の貌」/安曇野市豊科近代美術館

〈壮大なスケール「白頭山」〉岩橋崇至 山岳写真展「大地の貌」/安曇野市豊科近代美術館

日本を代表する山岳写真家・ 岩橋崇至氏による山岳写真展「大地の貌(かお)」が長野県の安曇野市豊科近代美術館で開催されている(写真、~6月4日まで)。これは同館が今年、開館25周年になるのを記念して開催 [...]…

在日コリアン女性美術展「パラムピッ」/11年ぶりに開催

在日コリアン女性美術展「パラムピッ」/11年ぶりに開催

“女性主体で高めあう場” 第7回在日コリアン女性美術展「パラムピッ」が東京・品川区民ギャラリーで4日から8日まで開催された。 美術を志す同胞女性愛好家らが、創作を通して共に成長しあう場として開催されて [...]…

高麗美術館・企画展「上田正昭と高麗美術館」が開催中

高麗美術館・企画展「上田正昭と高麗美術館」が開催中

「民際」の軌跡をたどる 「国があっての人ではない。国より先に民族があり、民衆がいる」 古代史における「渡来人」研究の第一人者、故・上田正昭・京都大名誉教授が残した「民際」という思想。その言葉には、国益 [...]…

「東アジアの空に平和をよぼう!」/第16回南北コリアと日本のともだち展・東京

「東アジアの空に平和をよぼう!」/第16回南北コリアと日本のともだち展・東京

子どもたちの絵とメッセージで日本と朝鮮半島をつなぐ「南北コリアと日本のともだち展」(主催=同実行委員会)が2月17~19日、東京・アーツ千代田3331で開かれた。 会場には「東アジアの空に平和をよぼう [...]…

南北コリアと日本のともだち展トーク「私がであった平壌の大学生」

南北コリアと日本のともだち展トーク「私がであった平壌の大学生」

同年代の友情、歴史問題、民族分断 東アジアの平和を願い2001年から日本と朝鮮半島をつなぐ子どもの絵画展を続けてきた「南北コリアと日本のともだち展」(以下、ともだち展)実行委員会では、12年から大学生 [...]…

〈人・サラム・HUMAN〉色鉛筆原画展/姜俊成さん

〈人・サラム・HUMAN〉色鉛筆原画展/姜俊成さん

物語のある絵を描く ため息の出るような質感や光沢を放つ作品がずらり。セクトン・チョゴリの弛んだ袖、躍動する巫女の舞、鬼気迫る東京朝高舞踊部員たちの表情を捉えた群舞などの絵が、都内のカフェ・ミチスで3月 [...]…