Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » 文化 » 美術

「語り継ぐ朝鮮の美」/高麗美術館で朝鮮王朝末期の作品展

「語り継ぐ朝鮮の美」/高麗美術館で朝鮮王朝末期の作品展

作品展「朝鮮王朝末期の輝き『語り継ぐ朝鮮の美』」が高麗美術館(京都市北区)で4月1日から開催されている。 同展では1392年から1910年にかけて519年存続した朝鮮王朝の末期(19世紀末~20世紀) [...]…

〈学美の世界 6〉子どもと教師の「信」と「愛」の世界/郭栄姫

〈学美の世界 6〉子どもと教師の「信」と「愛」の世界/郭栄姫

在日朝鮮学生美術展は、朝鮮学校で学ぶ児童・生徒の姿が可視化された誇り高い作品展だ。30余年、美術教育に携わってきた私は、時代と共に移り変わる子どもたちの感性、表現に毎回、舌を巻くばかりだ。見せる側と見 [...]…

〈学美の世界 5〉表現は、軽やかに越境する/金明和

〈学美の世界 5〉表現は、軽やかに越境する/金明和

学美は、技術や規範に囚われるのではなく、子どもが自らの体験や社会と向き合い感じ考えたことを表現する「子どもの自己決定」の場である。 表現とは本来、自分以外の他者と分かち合うことのない、一般化されない自 [...]…

わたしのまちにおいでよ/第18回南北コリアと日本のともだち展・東京

わたしのまちにおいでよ/第18回南北コリアと日本のともだち展・東京

「第18回南北コリアと日本のともだち展」(以下、「ともだち展」)が2月8日から10日にかけアーツ千代田3331(東京都千代田区)で行われた。約350人が会場に足を運んだ。 「ともだち展」では、朝鮮、在 [...]…

〈学美の世界 4〉心をつかむ自己決定の産物/玄明淑

〈学美の世界 4〉心をつかむ自己決定の産物/玄明淑

各地を巡回する学美地方展には、ウリハッキョの保護者はもちろん、地域同胞や朝鮮学校を支えてくださるたくさんの日本の友人、日本学校の先生方、近年は南朝鮮からも足を運んでくださる方が多い。会場に入るなり画一 [...]…

〈学美の世界 3〉作品に子どもの視点とパワー/金洸秀

〈学美の世界 3〉作品に子どもの視点とパワー/金洸秀

毎年、学生美術展の審査で子どもたちの作品に触れ、ものすごいパワーとエネルギーを感じ、作品を作る子どもたちの創造力には驚かされることばかりだ。大人とはちがう子どもの視点はするどく、感じたことや思ったこと [...]…

写真家・金仁淑さんの作品展示/愛について~東京都写真美術館写真展~ 

写真家・金仁淑さんの作品展示/愛について~東京都写真美術館写真展~ 

10月2日から11月25日まで、東京都写真美術館で写真展「愛について アジアン・コンテンポラリー」(企画=笠原美智子ブリヂストン美術館副館長・前東京都写真美術館事業企画課長)が開催された。アジア各国の [...]…

学美・東京展/企画展「わたしの街へおいでよ」

学美・東京展/企画展「わたしの街へおいでよ」

埼玉会館で11月28日から12月2日、第47回在日朝鮮学生美術展覧会(GAKUBI)―東京展が開催された。全国1万800余点の応募作品のうち東京、西東京、埼玉の朝鮮幼稚園から高級部までの子どもたちの入 [...]…

〈学美の世界 2〉大人には真似できない世界/崔誠圭

〈学美の世界 2〉大人には真似できない世界/崔誠圭

学生美術展は、じっくり作品を味わってみると、作品の中に作者の姿が見えてくるものがある。それは自分をぶつけたストレートな表現の中にだけ現れる。大人には真似できないものであり、子ども自身、時が経つ中で二度 [...]…

〈学美の世界 1〉民族教育だからこその作品/朴一南

〈学美の世界 1〉民族教育だからこその作品/朴一南

学美(在日朝鮮学生美術展)の作品は他とは違う大きな特徴を持つ。大人の作品であれ子どもの作品であれ、一般的に上手さや描写力は絶対的評価基準に入る。それをあえていったん横に置き、改めて子どもの作品と向き合 [...]…