Facebook

SNSで共有

徴用問題めぐる文議長案に反対/南の市民団体が抗議

南のメディアによれば、南の市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)など約20の団体が11月27日、国会前で合同記者会見を行い、文喜相国会議長が強制徴用問題の解決策として提示した案に反対する立場を示した。

文議長は問題の解決策として、南・日の企業、政府、市民が参与する「記憶人権財団」を設立し、被害者1500人に総額3千億ウォンの慰謝料を支払うことを骨子とする法案を準備している。

団体側は「反人権・反歴史的な被害者賠償

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)