Facebook

SNSで共有

朝鮮外務省第1次官、ロシア外相と談話

第1外務次官間の戦略対話も

朝鮮中央通信によると、朝鮮外務省代表団団長としてロシアのモスクワを訪問した崔善姫第1外務次官が20日、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相と会って、友好的な雰囲気の中で談話した。談話では、両国の最高指導者の関心の中で新たな全盛期を迎えている朝ロ関係を戦略的見地から全面的に発展させる問題が議論された。

同日、崔第1外務次官とウラジーミル・チトフ第1外務次官の戦略対話が行われた。

双方は戦略対話で、歴史的な朝ロ首脳対面で成された合意を徹底的に履行して両国の友好・協力関係をより強固にし、発展させる問題を討議し、互いに関心を寄せる地域および国際問題について深みのある意見を交換。戦略的協力を強化することにした。

敵視政策撤回が大前提

外国メディアによれば、一連の会談を終えた崔第1外務次官は、朝米関係に関する記者団の質問に対し、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)