Facebook

SNSで共有

〈取材ノート〉足すことも引くこともなく

あなたが見た朝鮮の姿、日本と友好な関係を築きたいと願う朝鮮の人々の気持ちを「足すことも引くこともなく」伝えてほしい――。

今夏、朝・日関係が悪化の一途をたどる一方で、関係改善を願い、多くの日本人士が訪朝した。冒頭の言葉は、その取材現場で度々耳にした言葉だ。日本人訪朝団の受け入れ先である朝鮮対外文化連絡協会(対文協)のガイドの言葉から、その真意を知った。

朝鮮学校の支援者で組まれたある訪朝団には、日本の記者が同行した。夜ごと語り合い、仲を深めた訪朝団と対文協のガイドたち。最終日の晩、対文協の男性は日本の記者に語った。

「これまで、多くの日本の記者を案内しました。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)