Facebook

SNSで共有

“非核化協議より敵視政策撤回が先”/金英哲ア太委員長が談話

朝鮮中央通信によると、朝鮮アジア太平洋平和委員会(ア太)の金英哲委員長(朝鮮労働党副委員長)は18日、談話を発表し、米国のエスパー国防長官が17日に朝米協議を再開させるために米南合同軍事演習の延期を決定したことについて、「演習の延期によって朝鮮半島の平和と安全が保障されるのではなく問題解決のための外交的努力の助けにもならない」と指摘し、「われわれが米国に要求するのは、南朝鮮との合同軍事演習からの離脱か演習自体を完全に中止することだ」と強調した。

談話は、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)