Facebook

SNSで共有

同胞商工人を支え続け/東京・足立商工会が結成70周年

東京第4初中で記念式典

東京都足立商工会結成70周年記念式典が10月20日、東京第4初中の体育館で行われた。総聯東京都本部の高徳羽委員長、足立支部の李尚晳委員長、商工連合会の呉民学理事長をはじめとする各機関、団体の責任者と足立商工会会員、地域同胞、足立区議をはじめとする日本市民約450人が参加した。

70周年記念公演

当日は1部で記念式典、2部で祝賀宴と公演が行われた。

足立商工会の李利康会長と高徳羽委員長によるあいさつ後、式典の最後に足立商工会の姜相勲理事長が報告した。

姜理事長は1949年10月20日に結成された足立商工会は、足立商工人たちの力を合わせ同胞企業人たちを支えながら、在日同胞の権利擁護闘争を行ってきたとした。また、66年と84年の学校建設事業にも力を注いだことや、96年から社会福祉法人「足立区福祉協議会」に車いすを毎年寄贈するなどし、同協議会と東京都社会福祉協議会から感謝状を、足立区福祉協議会会長と足立区長から表彰状を受け取ったことについて報告した。その上で、これからも「同胞たちの中に入り、商工会事業の発展と、団結した足立同胞社会を作っていくために先頭に立って動いていきたい」と決意を述べた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)