Facebook

SNSで共有

〈第52回学生中央芸術コンクール〉恩師の遺志継ぎ「心で舞う」/神戸朝高舞踊部、OGたちの思い

きらびやかな白の衣装をまとい、美しく、しなやかに舞う。群舞「アチムイスル(朝露)」を披露した神戸朝高舞踊部は、「同胞社会の複雑な環境の中でも、祖国の愛情を受けてきた者として信念を持ち、同胞社会を照らしていく決意」(李明美部長、高3)を舞台上で表現した。

神戸朝高舞踊部の群舞「アチムイスル(朝露)」

「そんな私たちの姿を、恩師が空から見守っていてくれたら…」。同作品を創作した李珠仙教員(24、神戸朝高卒)は言葉を詰まらせ、目に涙を浮かべた。今年2月に亡くなった同部の講師、池順姫さんのことを思うと込み上げる感情を抑えきれなかった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)