Facebook

SNSで共有

平壌で豊山犬品評会/70余匹が出展

朝鮮の国犬である豊山犬品評会―2019が19、20の両日、朝鮮科学技術総連盟中央委員会と遊園地総局の共催で、平壌の中央動物園で行われた。朝鮮中央通信が報じた。

豊山犬の姿や気質などを評価・審査し、順位を決める同品評会。朝鮮の国犬である豊山犬の標準形態と生物学的特性に対する科学技術知識を普及し、純系種を増やすことを目的として行われた。

品評会には、獣医畜産部門、動物学部門の科学者、技術者と豊山犬を飼っている市民などが参加。各道および直轄市の品評会で選抜された70匹余りの豊山犬が出展され、予備審査、基本審査、専門家審査、総合審査、最終審査結果によって順位を決めた。

豊山犬品評会―2019(朝鮮の今日)

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)