Facebook

SNSで共有

“問題解決が可能なら対座の用意ある”/朝鮮外務省の巡回大使が談話

朝鮮外務省の金明吉巡回大使は14日、談話を発表し、米国務省のビーガン対朝鮮政策特別代表が最近、第3国を通じて12月中に協議したい意思を伝えてきたと明かし、「協議を通じた問題解決が可能であれば任意の場所で任意の時間に米国と対座する用意がある」と表明した。

談話は、「10月初めにスウェーデンで行われた朝米実務協議のように、米国が年末の時限を無難に越すためにわれわれを欺こうと不純な目的を相変わらず追求しているなら、そんな協議には意欲がない」と釘を刺し、「米国が対朝鮮敵視政策を撤回するための根本的な解決策を提示せず、情勢変化によって一瞬で反故になり得る終戦宣言や連絡事務所開設のような副次的な問題を持ってわれわれを協議へ誘導できると打算するなら、問題解決はいつになっても見込みがない」と主張した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)