Facebook

SNSで共有

米国の「テロ報告書」は冒涜/朝鮮外務省代弁人が糾弾

朝鮮外務省の代弁人は、米国務省が1日に発表した「2018年国別テロ報告書」と関連し、5日、朝鮮中央通信社記者の質問に答えた。

代弁人は、「あらゆる虚偽とねつ造で一貫した米国の『2018年国別テロ報告書』を重大な政治的挑発として糾弾し、全面排撃する」と糾弾。あらゆる形態のテロとそれに対するいかなる支援にも反対するのは朝鮮の一貫した立場だとしたうえで、テロの温床で元凶である米国が「テロ裁判官」の振る舞いをすること自体が理に合わないと非難した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)