Facebook

SNSで共有

〈ウリハッキョサポーターの課外授業 4〉朝鮮地理編/朝鮮における石炭の活用法・石炭のガス化

平安南道にある順川地区青年炭鉱連合企業所の2.8直洞青年炭鉱で石炭を採掘する労働者たち(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

石炭は蒸気機関車の燃料というイメージがあるけど、実際の石炭の用途というのはもっと多岐にわたるよ。石炭の用途を大きく分けると、(1)燃料として使う、(2)液化して石油の代替燃料として使う、(3)ガス化してさまざまな化学製品の原料として使う、(4)熱分解してコールタールやコークスを作る―などの用途がある。

中でもウリナラが特に力を入れているのが(3)と(4)だ。ウリナラにおける石炭の活用法は自立的民族経済の考え方がよく表れているとても大事な内容なので詳しくお話ししよう。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)