Facebook

SNSで共有

【投稿】城北朝鮮初級創立60周年記念金剛山歌劇団公演を観覧して

大阪府河北地域の会館で「城北朝鮮初級学校創立60周年記念金剛山歌劇団公演」(7月3日)が行われた。

城北ハッキョ創立60周年記念公演であり、「29年」ぶりの河北地域での公演開催は、激しい雨をも慈雨に変えるパワフルな公演であった。

オ-プニングでの城北ハッキョの子どもたちの可愛らしい演目で、会場は一気にヒートアップ。時代の流れと情勢の変化に合わせながらも、主体的な民族芸術を披露する歌劇団公演は、観衆の心を鷲づかみにした。朝鮮舞踊の美しさ、民族楽器の音色、歌声の心地よい響き。その全てを観衆は満喫した。

そんな中、男声独唱でマイクトラブルが起きた。「あってはならない」ことだったが、歌い手は歌が途切れぬよう対処しながら、自然な流れでマイクを交換。会場からは万雷の拍手が沸き起こった。会場が一つになった瞬間であった。観衆が、歌劇団の品性にも魅せられた瞬間だった。

学生たちによる演目

70、80代のハラボジ・ハルモニの笑顔が見られた。「毎年やってほしい!」と訴える日本の方々の声も聞こえた。「今日、来てほんまに良かった」と笑顔で話す同胞の感想に頷く私がいた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)