Facebook

SNSで共有

“旭日旗は戦犯旗”、“五輪理念への冒涜”/朝鮮メディアが非難

2020東京五輪・パラリンピック組織委員会が、旭日旗の競技場への持ち込みを禁止しない方針を示したことと関連し、朝鮮各紙がこれを強く非難する論評を掲載した。

労働新聞は9月24日付の論評で、旭日旗の五輪競技場持ち込みは、日帝の侵略で不幸と苦痛を強いられたアジア諸国人民に対する我慢できない冒とくであり、平和と友好を志向するオリンピック理念に対する愚弄であると糾弾。現実化すれば、過去の日本の侵略で不幸と苦痛を強いられたアジア人民の心の傷をまたもや痛めることになるだろうと警告した。

論評は、国際社会は日本の旭日旗使用に強く反対しているとしながら、オリンピックをまともに行いたければアジアはもちろん、世界の民心を無視してはならないと主張した。

民主朝鮮は同月23日付の論評で、旭日旗は第2次世界大戦当時、ナチス旗とともに世界人民の胸に永遠に癒せない傷を残した戦犯旗であると指摘した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)