Facebook

SNSで共有

“今後の岐路を定める契機”/朝鮮外務省米国担当局長談話、朝米協議に期待表明

朝鮮外務省米国担当局長が16日に談話を発表し、朝米実務協議について「数週間内に開かれると予想される」としたうえで、「協議が朝米間のよい対面になることを期待する」と述べた。朝鮮中央通信が伝えた。

談話は、米国が対話と協議を通じて問題を解決しようとする立場を重ねて表明しているのは幸いだとしながら、「米国がどんな対案を持って協議に臨むかによって、今後、朝米がより近しくなることもあり、その反対に相互の敵意だけを培うようになるかも知れない」と指摘した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)