Facebook

SNSで共有

「虐殺否定論」にメス

関東大震災時の朝鮮人大虐殺は本当にあったのか。96年の歳月が流れたこんにち、こんな愚問がはびこり「虐殺否定論」まで公然と叫ばれている。朝鮮大学校朝鮮問題研究センターが9月1日付で発行した記録集は、「虐殺否定論」が幅を利かせている構造と荒唐無稽な論拠にメスを入れている春夏秋冬

▼…「虐殺否定論」は、虐殺が「あった」という説もあるし「なかった」という説もある、というような了解をなんとなく世の中に広げてしまう。虐殺否定論者たちは、「あ、2つの説があるんだな」と広めるだけで十分に目的を達成している…。記録集に掲載されたノンフィクションライターの加藤直樹さんの報告はこう指摘し、否定論の「トリック」とこれが広まった経緯について具体的に説明している

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)