Facebook

SNSで共有

祖国で卓球強化練習/18年ぶりの交流実現

強化練習に参加したのは、西東京第2初中の慎章宏さん(中3)と東大阪中級の池松怡さん(中3)。在日朝鮮学生の卓球選手が祖国を訪問し、現地で卓球交流を行うのは18年ぶり。

滞在期間、ナショナルチームとジュニア世代の選手との合同練習と試合が、青春通りスポーツ村の卓球競技館と万景台学生少年宮殿でそれぞれ行われた。祖国での強化練習は、2人の共通の夢である「国家代表選手」を目指す貴重な第一歩となった。

ジュニア世代の選手と共に汗を流す池松怡さん(右)

ジュニア世代との交流

祖国の選手と入りまじり、白球を懸命に追う慎さんと池さん。この日、万景台学生少年宮殿ではジュニア世代との合同練習が行われていた。

慎さんとラリーを行っていたのは同い年のパク・フン選手(15)。時折、万景台学生少年宮殿のホン・スンイル教員(56)の指導が入る。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)