Facebook

SNSで共有

高麗書芸研究会が国際交流展 /結成30周年記念し

朝鮮半島、日本をつなぐ書の交響

高麗書芸研究会結成30周年を記念し「東京国際交流展 漢字とハングル書画の響宴」が14~21日、東京都美術館(東京・上野)で開催された。北、南、在日、日本の書家・愛好家らによる多彩な書画が一堂に会した展示会は、民族書芸発展の新たな地平を開くものとなった。14日には同会をはじめとする書家たちによる揮毫会が行われたほか、同日夕には都内で祝賀宴が催された。

多くの来場者で賑わった

圧巻の作品群

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)