Facebook

SNSで共有

〈おぎオンマのちょっと一息 7〉私のみる夢

幼い頃ハンメから電話が来ると、まずは蔚山なまりで「学校にはちゃんと通っているか」と聞かれた。そして、何か変わったことはないかと問われ、無いと答える。「アボジは? オモニは?」と個別に確認される。要件はそれだけだ。両親に聞いてみると、ハンメは夢見が悪かったのだろうと言う。私の夢といえば、飛ぶ夢や、落下する夢ばかりだったので、ハンメの不安は理解できなかった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)