Facebook

SNSで共有

東京・立川、女性セミナー

知っておきたい相続問題

6月8日土曜日、東京・立川市女性センターアイムにて「民法改正と女性~相続を中心として」とのタイトルでセミナーが開催された。

昨年7月6日、相続に関する民法等の規定を改正する法律が成立している。相続規定については実に40年ぶりの改正となる。高齢社会の実態に対応できるよう、配偶者居住権の新設や、介護や看護などに貢献した相続人以外の者の金銭請求を認めるなど、残された妻や夫の父母の介護などに努めた子の妻に対して手厚い手当がなされるなど、女性に関わる大きな見直しが含まれている。

今回のセミナーは、在日本朝鮮民主女性同盟西東京本部の企画により、NPO法人同胞法律・生活センターの出張・出前講座として実現したもの。センターの副所長である金秀香弁護士が講師を務め、改正の内容を中心にしつつ、相続問題を考えるうえで知っておくべき法律や手続き、さらには親族間の争いを回避するための方途などについて詳しく解説を行った(写真)。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)