Facebook

SNSで共有

特殊活動費裁判、検察が朴槿恵前大統領に懲役12年求刑 

“朴槿恵と国情院、隠密に癒着”

南のメディアによると、国家情報院(国情院)から特殊活動費を受け取った容疑で起訴された朴槿恵前大統領に検察が、控訴審でも懲役12年を求刑した。

検察は20日、ソウル高裁で行われた朴前大統領の控訴審公判で「この事件の実態は特殊活動費の秘密性を媒介に、国情院と大統領が互いに隠密に癒着したもの」とし、容疑をすべて有罪と判断。懲役12年と、罰金30億ウォン、追徴金35億ウォンを求めた。

検察は、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)