Facebook

SNSで共有

〈朝中首脳会談〉金正恩委員長の招きで習近平主席が訪朝/朝中親善の不変性を誇示 

伝統的協力関係を強化

朝鮮中央通信によると、金正恩委員長の招待で、中国の習近平主席が朝鮮を訪問(20~21日)した。朝鮮側は一行を熱烈に歓待し、双方は各分野で交流と協力を深めていくことで合意した。

金正恩委員長と習近平主席が対面し、会談した(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

金正恩委員長と習近平主席の対面と会談は、昨年3月、5月、6月、今年の1月に続いて、5回目。中国の国家主席の平壌訪問は05年以来、14年ぶりとなった。

習近平主席の今回の訪朝について朝鮮中央通信は、「朝中親善の立派で、偉大な歴史と伝統を継承し、自主と正義のための闘争の道で、固く手を握り進もうという、朝中最高指導者たちの確固不動な意志を内外に力強く誇示した」と伝えた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)