Facebook

SNSで共有

〈6.15共同宣言から19周年〉6.15民族共同委が決議文を発表

平和と統一の全盛期を

6.15共同宣言実践北側委員会、南側委員会、海外側委員会からなる6.15共同宣言実践民族共同委員会は、6.15共同宣言発表19周年に際して、15日、決議文を発表した。

決議文は、2000年6月の北南両首脳の平壌対面と、共同の統一原則と目標、実践の方途を打ち出した6.15共同宣言の発表は、不信と対決で塗られた北南関係を和解と団結の関係に転換させ、民族の統一偉業の実現において画期的な前進をもたらした出来事であったと強調した。

また昨年、6.15共同宣言の基本精神を継承した板門店宣言と9月平壌共同宣言が採択されて北南関係に劇的な転換がもたらされたことは、戦争の危機へと向かう情勢を逆戻りさせ、祖国統一の新しい出発を宣言した、意義深いもうひとつの出来事であると述べた。

決議文は、北南共同宣言の旗印を掲げ、平和と繁栄、統一の全盛期を力強く開いていこうとしながら、▼板門店宣言と9月平壌共同宣言を履行するための全民族的運動をさらに力強く繰り広げていくこと▼

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)