Facebook

SNSで共有

対応措置を強めると警告/朝鮮外務省軍縮・平和研究所所長

「ならず者国家」名指しに関連し

朝鮮外務省軍縮・平和研究所所長が5日、米国防総省が「2019年インド太平洋戦略報告書」で朝鮮の脅威を煽ったことと関連して朝鮮中央通信社記者の質問に答えた。

所長は、米国防総省が「2019年インド太平洋戦略報告書」で朝鮮に「ならず者国家」と言い掛かりをつける挑発を行ったと指摘。「米国が対話の相手であるわれわれを『ならず者国家』に名指ししたのは、わが国家の自主権と尊厳に対する明白な侵害であり、事実上の対決宣言だ」と非難した。

所長は、米国が朝米間の敵対関係を終息させ、新しい関係の樹立を公約した6.12朝米共同声明の精神を全面否定し、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)