Facebook

SNSで共有

6.12朝米共同声明1周年を控え、朝鮮外務省代弁人が談話

「忍耐にも限界がある」

朝鮮外務省の代弁人は4日、昨年6月12日にシンガポールで初の朝米首脳会談が開かれてからまもなく1年になるのを前に、談話を発表した。

談話は、第1回朝米首脳会談を、朝鮮半島と地域の平和と安定を図り、和解と協力の歴史的流れを促すうえで重大な意義を持つ画期的な契機であったと位置づけた。

また、6.12朝米共同声明は、最も敵対的な関係にある国家間であっても平和と安定を守ることを第一に据え、そのための政策的勇断を下すなら、いくらでも新しい関係樹立のための活路を開くことができるということを立証し、世界の全ての国と人民の全幅的な支持と賛同を受けたと述べた。

談話は、朝鮮政府が第1回朝米首脳会談から1年間

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)