Facebook

SNSで共有

〈朝鮮「食」探訪記 1〉栄養ドリンク、スポーツの風

イチゴ風味のビタミン飲料

昨年の平昌冬季五輪の開催は今でも記憶に新しい。これが契機となり一気に北南の距離が縮まったといっても過言ではない。統一旗を持った北南選手たちの入場はもちろん、女子アイスホッケー単一チームによる試合や、サラ・マレー総監督のコメントも印象的だった。

その後、2018年アジア競技大会に北南合同チームでの出場が実現、さらに2020年の東京五輪も北南合同チームで、2032年の夏季五輪は北南共同開催を目指そうなどと、話がどんどん進んでいる。ともあれ北南アスリートたちのパワーを世界のスポーツ界にこれ見よがしに発揮できるチャンスが次々と広がっていくのはうれしいことだ。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)