Facebook

SNSで共有

ロシアの極東・北極発展相が訪朝/貿易、科学技術協力問題を討議

朝鮮中央通信によると、朝ロ政府間の貿易、経済・科学技術協力委員会のロシア側の委員長であるアレクサンドル・コズロフ極東・北極発展相と一行が6〜8日、訪朝。同委員会の朝鮮側の委員長である金英才対外経済相との会談が7日、平壌の万寿台議事堂で行われた。

会談には、朝鮮側から対外経済省の李光根次官、関係者、ロシア側から極東・北極発展相一行、アレクサンドル・マツェゴラ駐朝ロシア大使、大使館員が参加した。

会談では、朝ロ政府間の貿易、経済・科学技術協力委員会の活動をさらに活性化し、両国間の互恵的な経済貿易関係をより高い段階に発展させるための問題が討議された。

去る4月下旬に行われた朝ロ首脳会談で双方は、朝ロ政府間の貿易、経済・科学技術協力委員会の活動をさらに活性化し、両国間の互恵的な経済貿易関係をより高い段階に発展させるため、多分野で積極的な対策を講じていくことにした。今回の訪朝と会談は、この合意履行の一環とみられる。コズロフ極東・北極発展相はさきの朝ロ首脳会談に参席している。

一方、朝鮮国務委員会の朴奉珠副委員長と金才龍内閣総理は同日、表敬訪問したコズロフ極東・北極発展相と一行とそれぞれ面会した。

朝鮮政府は6日、一行のための宴会を催した。

(朝鮮新報)