Facebook

SNSで共有

貿易貨物船の送還求める/朝鮮外務省代弁人談話

貿易貨物船の送還求める

朝鮮外務省の代弁人は、米国が朝鮮の貿易貨物船を国連安保理の対朝鮮「制裁決議」と米国の対朝鮮「制裁法」にかけて差し押さえ、米領サモアに連行する強奪行為を働いたことと関連し、14日、談話を発表した。

代弁人は、米国が貿易貨物船を強奪した理由の一つとして持ち出した国連安保理の対朝鮮「制裁決議」は「わが国の自主権を侵害するもので、われわれは今までこれを全面的に退け、糾弾してきた」と言及。「自国の国内法を他国が守ることを強迫する米国の厚顔無恥な行為こそ、主権国家はいかなる場合にも他国の司法権の対象になりえないという普遍的な国際法に対する乱暴な違反である」と指摘した。

代弁人は、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)