Facebook

SNSで共有

朝鮮経済の活気、祖国貢献への第一歩/青商会代表団が祖国を訪問

【平壌発=金淑美】在日本朝鮮青年商工会代表団(団長=李延男・中央青商会会長)が4月25〜29日、祖国を訪問した。朝鮮が経済建設に総力をあげて邁進する中、一行は開発の進む元山葛麻海岸観光地区をはじめとする経済関連施設への見学を通じて朝鮮経済の活気を確認、来るべき繁栄と統一の将来を見据え、経済団体として青商会が果たすべき役割について認識を深めた。

万景台学生少年宮殿を訪れたメンバーら

注目の観光地区へ

青商会では近年、日本各地の役員、会員を網羅した代表団を隔年で組織し、祖国を訪問してきた。過去は青商会結成の節目や祖国における国家イベントなどを機に訪朝したが、今年は「朝鮮経済」をテーマに掲げ、祖国への新たな貢献を模索する目的の下で実施された。期間は4泊5日と短いながらも、経済関連施設への見学、朝鮮経済の第一人者による経済講義など密度の濃い旅程となった。

経済関連施設を見学した(写真は柳原製靴工場)

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)