Facebook

SNSで共有

板門店宣言から1年/南朝鮮で記念イベント開催

南のメディアによると、板門店宣言発表から1周年を記念し、4月27日、南朝鮮では各種イベントが行われた。民間団体が主催するさまざまなイベントで参加者たちは宣言履行運動を力強く展開していくことを強調した。

“分断を越え、民族をつなごう”/6.15南側委主催で記念大会

京畿道坡州市にある臨津閣平和ヌリ公園では、4月27日、6.15共同宣言実践南側委員会が主催する「4.27板門店宣言1周年記念大会」が行われた。「分断を越え、民族をつなごう!」をテーマに行われた記念大会には、南の市民や各団体会員、観光客など約1万2千人が参加した。

6.15南側委が主催する「4.27板門店宣言1周年記念大会」(統一ニュース)

6.15南側委の李昌馥常任代表議長は大会のあいさつで、北南海外の同胞らがともに板門店宣言1周年を祝うことのできない現状を指摘。「南北関係に対する米国の干渉にとらわれた(南朝鮮)政府の消極的な態度こそが、南北間の合意事項が履行されない原因である」とし、南の政府に対し、「大胆に南北関係改善に乗り出し、現在の局面を転換しなければならない」と訴えた。

李議長は、「統一の主人は南北と海外のすべての民族であり、強大国の干渉、分断勢力の妨害にわが民族の運命を任すことはできない」としながら、「南北宣言をしっかりと実行し、遠くない未来に南と北、すべての民族がともにする場が実現することを期待する」と述べた。

記念大会が行われた平和ヌリ公園では、4.27博覧会と題して、統一旗への署名キャンペーンや金剛山の写真展などが行われた。

朝鮮半島の恒久的平和願う/DMZで20万人が人間の鎖

「朝鮮半島の恒久的平和のためのDMZ民+平和手つなぎ」イベントが4月27日、京畿道の江華島、金浦、高陽、坡州、漣川と江原道の鉄原

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)